いろは長屋とは?

 

落語の魅力になじんでいただこうと、ホームページを訪れてくれた皆さんにだけ、ネタ帳を公開! 題して「國落ネタ帳 落語いろは長屋」。 機関紙の『花色木綿』でも、ちょっとまじめに各自が自分の持ちネタの 演題研究なんて記事を載せてました。 古典落語にまつわって「いろは」から理解していただけるように、できるだけ注釈もつけました。

どうぞご覧ください。 《参考文献:筑摩書房『古典落語』、三一書房『立川談志独り会』、中央公論新社『新釈落語噺』、各音源所収解説書ほか。注釈は小学館『大辞泉』、三省堂『新明解国語辞典』ほか》