春合宿

柳家喬太郎師匠の『時そば(某CDマガジン収録版)』聞くとコロッケ蕎麦食べたくなるのって

私だけじゃありませんよね・・・?

出発前の腹ごしらえに、駅ホームの立ち喰い蕎麦屋にて。

 

毎年恒例の春合宿に行って参りました。

個人的には初参加です。わくわく(`・ω・´)

 

 

 

5月3日(金

 

いざ出発。

ローカル線の運行本数の少なさって脅威ですよね。

そんな内房線に揺られてお馴染みの千葉県・岩井に到着。

 

で、いつもならちょっと声出しして海に遊びに行ったりする訳ですが、

今年はそんな暇はありません。

初日からガンガン高座稽古が始まります。

だって時間がないんですもの。

 

なんでって・・・この人数見れば分かるでしょ?

どん。

これ新入生。10人います。

若干一名見切れていますが、10人フル参戦してます。

詳しい紹介は追々。

 

因みに中堅。

フル参加してもたったこれだけ。

 

おまけに幹部も、どん。

・・・ん?

・・・えと、一番奥の方は・・・・・・

遥々エジプトから駆けつけてくださいましたツタンカーメン王です。

なんと初日から最終日まで参戦してくださいました!ありがとうございます。

 

で、ご飯食べ終わったらお風呂入って、その後はお待ちかねの宴会です。

宴の始まる前からテンションの高い皆さん。

 

皆でお酒を飲んだりソフトドリンクを飲んだりお茶を飲んだり、

ねるねるねるねを練ったり新入生の名前を考えたりします。

希凛君が食べているのは「ねるねるねるね+コンビーフ+ポテチ」。

 

そして初日に高座名の決まった新入生達がこちら↓

人喰亭に遂に後継者が現れました。

着実に一門を拡大している放浪酔亭の新顔。

本人が丼の字にこだわりました。いや本当。

※後日大人の事情で改名させられた人�

※後日大人の事情で改名させられた人�

 

漢字の読みや改名後の名前については、また追々ね。

新人顔見世の記事辺りまでお待ちください。

 

 

 

 

 

5月4日(土)

 

今日も今日とて高座稽古。

朝から晩まで高座稽古。

まぁ、死体の幾つかも出来ますわな、そりゃ。

取り敢えずこっから休憩中の稽古場をひたすら紹介するターン。

 

ていうか合宿のフォトなんて休憩と宴会の様子が9割ですからね。

寧ろそれ以外を期待しないでくださいね。

撮影者を撮影する絵ってシュールですよね。

 

死にそうな顔色の会長。

「ところで俺、ここからどうしたらいいの?」

「知らんがな」

 

前日に高座稽古を終えて二日目は批評のみ。眠そう。

眠いを通り越すとこんな感じ。

 

因みに新人たちは初めての高座。

さぞ緊張していることでしょう。

そうでもなかった。

全然そうでもなかった。

割とみんな余裕の表情ですね。

こりゃ今年は大物揃いの予感??

高座稽古終わった子もまだの子も、カメラ向けると結構ノリノリである。

あら、女の子達は中々お顔を見せてくれません。

なんかこういう恥じらう感じもまた初々しくていいですね。

落研に染まってない感じが。

お前は違うだろ。

 

 

そんなこんなでお昼ご飯。

半日屋外には一歩も出ていない引きこもり集団ですが、結構お腹は空きます。

一杯では物足りずにオカワリする人もチラホラ。

こうなるとテンション上がり出すのが、食べる人よりも装う人。

率先してイタズラに精を出すOBさん。

若葉さんが「メシハラ」と呼んでいました。

 

ご飯は残さずしっかり食べましょうね!

もう顔が笑ってない。根が少食の希凛君は結局ギブアップ。

この後スタッフ・・・ではなく新人の子がおいしくいただきました。

 

 

そんな訳で後半戦開始。

っていっても結局高座稽古だから写真は相変わらず休憩時間の風景。

 

まずは扇福の頭が絶妙に邪魔な一枚から。

五体投地。何故に五体投地。

新人たちの五体投地の先にいるのは・・・

何をどうしてこうなったんですか。

可愛い新人たちにあんまり変なこと教えないでくださいね・・・?

お祈り終了。

 

突然の四コマ大喜利:何が起きているのかは想像にお任せします。

結局何がしたかったのかは誰にも分からない。

 

そんなこんなで艱難辛苦を乗り越えながら、高座稽古終了!

さーて、お待ちかねの宴会だ!!

宴会前のひとコマ。人喰亭座談会。

 

そんなこんなで、お疲れ様でーす!

こいつは撮るたびに一人だけブレてるんだが、常に振動でもしてるんだろうか。

自主規制

いやん、会長セクシーポーズ。

出来上がっている二人。恥じらってみたりとかお前のキャラじゃない。

こっちは普通に素面。ノンアル気分で平常運転。

お、新人女子がやっとお顔を見せてくれました。

眼鏡をとった顔がマナカナのマナ似かカナ似を巡り(一部で)熱い議論が勃発。

高座名の決まった子とまだ決まってない子。

やや不安気な表情。まぁ、そりゃそうなるよね。ロクな先輩いないもんね。

唯一相変わらず撮影NG。本人に自画像を書いていただきました。

多分、なんか違う。年代からして違う。

「あんまりグダグダ言ってると風穴あけんぞゴルァ」ってことでしょうか・・・?

 

メンズもちゃんといますよ。今年はバランスいいですからね。

後日名前が変わった二人。

「大人の都合」ってヤツである。

比較的高座名が安産だった二人。

多分今回最速で決まった子(左)と最後まで決まらなかった子(右)。

今年の新人は 男子6:4女子 です。

 

そんなこんなで高座名の決まった残り五人↓

カタカナ登場。寄席文字班が頭を抱えている。

なんだか渋い名前だ。しかし名前の由来が思い出せない・・・今度聞いておこう。

※大人の事情で後日漢字のみ変更が起きた子�

黎→礼 になりました。

※大人の事情で後日漢字のみ変更が起きた子�

寧→音 になりました。

※大人の事情で後日改名させられた子�

これに関しては、うん、先輩方が悪い(確信)

 

なんやかんや夜中のテンションだったりエチルアルコールが入ったりしているので、

後日変更がちょこちょこ起きていますね。

まぁ詳しい紹介はまた新人顔見世の記事辺りで。

 

 

で、宴もたけなわなところでなんとなく流れ解散。

割と疲労も溜まってるので、寝る人はサクサク寝ます。正直僕はこっちが勝ち組だと思います。

まだ余力がある人達は合宿最後の夜を楽しみ尽くそうと、大喜利大会とか始めたりするわけです。

ただ、この大喜利、終わりが見えない。

草木も眠る頃合になってリーグ戦とかポイント制とか色々導入し始めるもんだから終わるわけがない。

 

参戦者たちは自らの寝床に戻ることも許されず。

力尽きたものからその場に倒れ臥していくデス・サバイバルが幕を開ける。

 

AM4:30

 

AM4:45

 

AM4:50

 

AM5:00

着実に増えていく屍。

悲痛な訴えも虚しくスルーされる。

 

詳しい時刻は覚えてないけど、なんやかんや5:30ぐらいまで続いたんじゃなかったっけ。

決着がついたらすぐさま皆自分の寝床に戻っていきました。

 

誰も幸せにならないって分かってるんだからさっさと止めりゃいいのに(ry

因みに優勝者。

手に入れたのは名声なのか、はたまたキチガイ認定か。

 

大喜利組がぞろぞろと撤退した後に座敷の片付けしてたら悲熊がカムバック。

閉じかけの眼をこじ開けながら手伝ってくれました。会長の9割は優しさで出来ています。

つかの間の休息。皆さんよく眠れましたか?

 

 

 

5月5日(日)

 

寝たら最後、朝食までに起きれる自信がなかった私は布団に潜ることを断念。

暇だったので海に散歩しに行きました。無論、独りで。

 

今回の合宿は海に遊びに行く時間もなかったため、海をちゃんと見たのは多分私一人。

という訳で合宿に参加した会員の皆様も今一度海に行ったつもりになってお楽しみください。

一枚目の奥の方に見えるテトラポット群、の、上から撮っています。

ここの海岸、端から端まで往復したら大体1時間30分ぐらいかかりました。

 

お疲れにゃん。

↑お疲れな人達

 

 

朝ご飯食べたら荷造りして、お部屋のお掃除して!

帰る準備が整ったら集合写真!!

改めて。・・・多っっっ!!!

現役生はほぼ全員です。ほぼ、ね。幹部があと二人増える。

今代の國落はこんな感じの顔ぶれで活動していきます。

宜しくお願い致します。

 

そんな訳で帰路に着く。

こんだけ人数いると義務教育時代の遠足を思い出します。

帰りは電車組とフェリー組に分かれて。

それぞれのおうちへ帰って行きましたとさ。ちゃんちゃん。

フェリー組改め、琵琶同好会。

今だから言いますけど、実は私は琵琶あんま好きじゃないっす。

 

 

 

そんな感じで。春合宿のフォトはお開きっす。あー疲れた。

次回は若女・するめ寄席!乞うご期待、しなくて宜しい!!

 

 

会長の芸術的な一枚でお別れです。

 

 

 

END.